岡山市・倉敷市の不動産売却、市場傾向の実態とは?

□不動産売却の動向

 

近年における不動産売却の市場動向については、都市部と地方では大きく異なります。

特に東京の一部など特定地域ではいわゆるミニバブルとなり、需要に供給が追い付かないことにより不動産価格が高騰しているのです。

一部の地方都市などでも需要の増加傾向が確認され、利便性に優れた地域では物件が不足気味となっています。

しかし、多くの地方都市では不動産価格の下落が続いており、交通が不便な地域や遠隔地では物件の売却そのものが難しい場合などもあるようです。

かつてバブル時代には日本全体の不動産価格が上昇したのですが、現在は地域格差が拡大していることが大きな特徴となっています。

 

□岡山市の不動産売却は好調

 

岡山市の場合にはいわゆる地方都市に該当しますが、不動産売却の市場動向については概ね好調だと判断することができるでしょう。

これは現在も発展を続ける地域で人口の流入や開発が続いており、今後もさらなる不動産需要の増加が期待できることが理由となっています。

さらに投資を目的としたアパートやマンションなどの不動産の需要も増加しており、これから不動産投資を始めたいという投資家の人にとっては狙い目だといえるかもしれません。

東京や大阪や名古屋などの大都市圏と比較すると、比較的安価で投資用不動産物件を購入することができます。ただし物件の立地条件に収益率が大きく左右されることになりますので、まずは実際に現地を訪れて物件を自分の目で確認することから始めてみてください。