お知らせ&ブログ

不動産買取をお考えですか?メリットについて紹介!

「不動産買取が気になっている」
「不動産買取を依頼するメリットはあるのだろうか」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
今回は、不動産買取のメリットを紹介します。

□不動産買取のメリットとデメリットを紹介!

不動産買取には、いくつか仲介にはないメリットがあります。

まず、近所の人に知られないまま売却ができることが挙げられます。
仲介で売却する場合、不動産会社が広告を出したり、サイトに情報をアップしたりしますよね。
中には、こういった宣伝によって他の人に不動産を売ったことを知られたくない方もいらっしゃると思います。
買取であれば、不動産会社と売買契約を行うだけで良いため、周りに知られずに売却ができますよ。

次に、内見の対応をする手間がないこともメリットとして挙げられるでしょう。
仲介で不動産を販売する場合、物件を内覧したい方の対応をする必要があります。
物件を自宅として現在使っている場合や、現在も使用している場合、知らない人が内見に来るのはストレスになりますよね。

一方で、不動産買取の場合は一度不動産会社の方が査定に訪れるだけで済むので、知らない方が物件を何度も見に来ることはありません。

不動産買取のデメリットとしては、一般的な相場に対して売却価格が安くなることが挙げられるでしょう。
基本的に不動産会社は買い取った物件をリノベーションやハウスクリーニングをした上で再販売をします。
そのため、そういった追加でかかる費用を踏まえた買い取り価格として、相場の60〜70パーセントになることが多いでしょう。

□買取に向いている不動産とは?

不動産買取のメリットとデメリットについて紹介しました。
ここからは、買取に適している不動産について紹介します。

まず、築年数が30年を超えている物件については不動産買取がおすすめです。
特に一度もリフォームしたことがない物件は、仲介での売却が困難な場合があるでしょう。

次に、仲介の販売に出していて、長期間売れていない物件に関しても、不動産買取がおすすめです。
これから、仲介で買い手を探すのが難しい物件に関しては、早めに不動産会社に買い取ってもらうことがおすすめです。

また、過去に事件や事故が起こった物件に関しても不動産買取を依頼するのが良いでしょう。
事件や事故があって、買い手から敬遠されるような物件に関しては、不動産買取がおすすめです。

□まとめ

不動産買取のメリットとデメリットについて紹介しました。
古い物件や事故物件をお持ちの方は一度不動産買取を検討されてはいかがですか。
本記事が不動産買取の参考になれば幸いです。

 

不動産買取にはどのくらいの期間がかかる?


「不動産買取にはどのくらいの時間がかかるのだろう」
「不動産を早く売ってしまいたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回は不動産買取の期間について紹介します。

□不動産買取の流れについて紹介

不動産買取の流れは大きく6つのステップに分けられます。

まず事前準備をしましょう。
具体的な準備内容としては、必要な書類を準備したり、買取査定の相場について調べたりすることが挙げられます。

査定の必要書類としては次のようなものがあるでしょう。
・固定資産評価証明書
・登記済権利証または登記識別情報
・建物図面
・地積測量図
・購入時のパンフレット

次に査定の相場について調べる場合は、仲介の相場よりも70〜80%ほど低い価格だと考えましょう。
あらかじめどのくらいの金額になるか把握しておけると安心ですね。

次に、買取査定を依頼しましょう。
査定方法には、訪問査定と机上査定がありますが、実際に現地に訪問して査定を行う訪問査定の方が正確ですので、できるだけ実際に訪問してもらいましょう。

次に、依頼をした会社から実際の買取価格を提示してもらいます。
これは、あくまで査定ですので実際の価格とは異なる場合もあります。

その後は打ち合わせを行い、細かい費用や負担について決定します。

買取価格や細かい条件に同意したら、売買契約をしましょう。
契約を行う当日には、売買契約書の読み合わせや、キッチンやエアコンなどの細かい設備の確認、雨漏りやシロアリ被害の状況といった物件情報の確認を行った後、記名や押印、手付金の受領を行います。

契約が終わったら、残金の決済を行います。
司法書士が立ち会う中で、書類の確認や売買料金のやりとり、住宅ローンの完済や抵当権の抹消を行います。

このように複雑な手続きが多いため、なんでも相談できるような信頼できる不動産会社に依頼することがスムーズな取引のコツでしょう。

□不動産買取に必要な期間とは?

一般的に、不動産買取は2週間から1ヶ月で完了すると言われています。
これは、不動産会社が買い手になるため、仲介で売却する場合と比較して交渉の手間が省けるためでしょう。
広告を出したり、宣伝をしたりして買い手を探す手間や、価格や細かい条件交渉の時間がなくなるため、このように短い期間で売却できるのです。

□まとめ

不動産買取は、仲介による売却と比較しても短期間で現金化が可能です。
不動産の売却を検討されている方は、ぜひ不動産買取について考えてみましょう。

 

不動産買取で利益が出た場合の税金について紹介します

不動産買取をお考えの方は、いらっしゃいませんか。
買取を依頼して、利益が出た場合は税金を納める必要があるかもしれません。
今回は不動産買取で利益が出た場合の税金について紹介します。

□不動産買取とは?

皆さんは不動産買取についてご存知ですか。
不動産を購入したり、売却したりといった経験が無い方は、聞いたことがない方も多いのではないでしょうか。
これは、不動産業者に物件を買い取ってもらうことを指します。

このように聞くと、売れ残ってしまった物件の下取りのような印象を受ける方も多いでしょう。
しかし、最近ではこのように買い取ったものをリフォームして付加価値を付けることも多くあります。

そのため、物件によっては一般に販売する場合と同等、もしくはそれ以上の価格で買い取ってもらえることもあるでしょう。
不動産を売りたいと考えている方は、一度検討されてはいかがでしょうか。

□税金について紹介!

まず、不動産を売却した際に必ず必要な税金について紹介します。
これは不動産売却で利益が出なかった場合でも必要になるため、必ず確認しておきましょう。

まず、印紙税について紹介します。
これは、不動産売買契約書に貼る印紙にかかる税金です。
金額としては売却価格によって10,000円から100,000円ほどかかるでしょう。
ちなみに、この印紙税は2022年の3月31日まで軽減措置が適用されるため、この期間内であれば、半分の金額で済ませられますよ。

次に登録免許税があります。
これは、不動産売却の際に、名義を変更するために必要な税金です。
こちらは固定資産税評価額の2%分の金額ですが、こちらも2022年の3月31日まで軽減税率が適用されます。
期間内であれば、固定資産税評価額の1.5%で済むでしょう。

次に、利益が出た場合に必要な税金について紹介します。
不動産の売却によって利益が生じた場合、その利益は譲渡所得として扱われるため、住民税と所得税の対象になります。
これは、不動産を所有していた期間によって税率が変化するため、自身がいつからその不動産を所有していたかを明らかにしておくと良いでしょう。

所有期間が5年越である場合は長期譲渡所得、5年以下の場合は短期譲渡所得税として扱われ、どちらに分類されるかで大きく税率が異なります。

売却をする時期を考える際、余裕がある方は5年を区切りとして考えても良いでしょう。

□まとめ

今回は不動産買取を検討中の方に向けて、利益が出た場合について紹介しました。
税金についてしっかり学んでおけば安心ですね。
買取についてお考えの方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

 

不動産買取の手続きとは?プロが紹介します

不動産買取をお考えの方はいらっしゃいませんか。
仲介での売却との違いや、手続きの内容について詳しくご存知ない方も多いと思います。
今回は仲介と買取の違いと、手続きの内容について紹介します。

□不動産買取と仲介の違いを紹介

不動産を売却する際は、不動産会社に依頼をすると思います。
皆さんは売却には、「買取」と「仲介」の2つがあることをご存知でしょうか。

実際に不動産を売却した経験がなければ、知らない方も多いと思います。
まずは、こちらの違いについて解説します。

*不動産の売却における仲介とは?

仲介とは、不動産会社を通して第三者であるお客さんに不動産を売却する方法です。
不動産会社は、広告やチラシを使用してその不動産の買い手を探すことになります。
買い手が現れるかどうかが、売却期間を決定する大きなポイントになるため、比較的長期間かけて売却を進めていくことが特徴でしょう。

*不動産買取とは?

次に、買取について紹介します。
買取とは、第三者のお客さんを介さずに、不動産会社に売却することを指します。
不動産会社が買い手であるため、チラシや広告といった販売活動の必要がありません。
基本的には、双方が条件や金額に同意すれば、1ヶ月ほどで売却が完了するでしょう。

□買取の手続きの流れケースごとの解説

ここでは、不動産の買取を依頼して、実際に売却するまでの流れについて紹介します。
まずは、不動産会社に売却の相談をしましょう。
税金や経費といった細かい事情や専門的な知識を持った会社に相談に行くことで、具体的な段取りや相場、売却の目処などの目安を持てるでしょう。
次に、物件の調査を行います。
現地に訪問したり、役所からの公式な書類をチェックしたりして、不動産の価値をプロの目で見極めます。
建物がある場合は、室内や建物の様子も細かくチェックします。

調査が終了すると、具体的な金額が提示されるでしょう。
こちらの金額に、お客様が同意された場合は契約へと進みます。

不動産買取においては、不動産会社とお客様との売買契約が行われます。

最後に、決済と引渡しを行います。
最近では、銀行にて決済が行われる場合が多いでしょう。
決済日までに、必要な書類の準備や精算を終えておく必要があります。

この際、ローンが残っている場合は債務を精算して、抵当権を外す必要があるため注意が必要でしょう。

□まとめ

不動産買取の手続きについて紹介しました。
買取と仲介の違いや、手続きの内容についてご理解いただけたと思います。
不動産の売却をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

 

不動産買取をお考えですか?注意点を紹介します!

不動産買取をお考えの方はいらっしゃいませんか。
不動産を売却したいけど失敗したくないとお考えの方は多いと思います。
今回は、不動産買取における注意点について紹介します。

□不動産買取の注意点を紹介

不動産買取にはメリットも多いですが、いくつか注意点があります。
ここでは、買取での注意点を紹介します。

*売却価格が安くなる

不動産の買取においては、仲介による売却と比べて買取価格が20パーセントから40パーセントほど低くなる傾向があります。
価格が下がると聞くと、大きなデメリットに感じる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、不動産買取はその代わりにいくつものメリットがあるため、ぜひ一度検討することをおすすめします。

具体的には、
・すぐに売却が可能
・リフォームが不要
といったメリットが挙げられるでしょう。

不動産会社は通常、売却された不動産をリフォームして新しく売りに出すことで利益を得ています。
そのため、お客様が自分でリフォームをしたり、買い手が現れるまで売却できなかったりする心配がありません。

*買取にも費用がかかる

不動産買取は仲介手数料がかからないことをご存知の方は多いと思います。

売却の相手が不動産会社であるため、仲介手数料は必要ないですね。

しかし、税金や担保の抹消といったその他の費用は、別に用意する必要があります。
また、住宅ローンが残っている場合は抵当権の抹消費用や、住宅ローンの事務手数料といった費用が必要になるため、あらかじめ金融機関に具体的な金額を確認しておくことがおすすめでしょう。

このような細かい税金については、不動産会社の方にしっかりと教えてもらい、サポートしてもらうことが大切です。
細かいお金の手続きについてしっかりと相談に乗ってくれるような会社に依頼すると、売却がさらにスムーズになりますよ。

□不動産買取に向いている人とは?

買取が向いている人として、まず第一に「早く不動産を売却してしまいたい方」が挙げられるでしょう。
不動産買取では、買い手を探す時間や細かい条件について買い手と交渉する時間が省けるため、短い期間で売却を完了できます。

次に、「仲介ではなかなか買い手が現れない不動産をお持ちの方」にもおすすめでしょう。
建物が古かったり、立地が悪かったりする不動産を売却予定の方は、一度買取を検討してみましょう。

□まとめ

不動産の売却は、それぞれの方法についてしっかり検討することが大切です。
今回の記事を参考にして、ぜひ不動産買取について検討してみてください。

 

土地を不動産買取をしたい方へ!専門家が解説します!

「土地は不動産買取できるの」
「土地を買い取ってもらう際のポイントを知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
土地を不動産買取に出す際に知っておきたいポイントについて紹介します。

□土地を不動産買取に出す際のポイントとは?

土地の買取を依頼する際は、ここで紹介するポイントを心がけてみましょう。
まず、買取実績についてチェックしてください。

不動産買取のメリットのひとつである「素早い現金化」を叶えるためには、スムーズな手続きも大切な要素ですよね。
実は不動産会社にはそれぞれ得意な分野と不得意な分野があるため、買取が得意な不動産会社に依頼することが大切です。

不動産会社の得意分野を把握するためには、実際の買取実績をチェックしましょう。
お客様がお持ちの物件に近い条件の物件の買取実績がある会社なら、安心して買取を依頼できますよ。

次に、担当者との相性が良い会社を選ぶようにすることが挙げられます。
不動産会社の方は不動産のプロフェッショナルです。
しかし、不動産を実際に売却するお客様のほとんどが売却に関する専門知識を持っていないでしょう。

そのため、担当になるスタッフに知識面でサポートしてもらう必要がありますよね。
コミュニケーションや手続きの際には、相手との相性が大切であるため、スタッフの知識量やお互いの相性についても検討する必要があるでしょう。

交渉や契約を進めるうえでどうしても不具合がある場合は、スタッフを変えてもらうように頼んでも良いですね。

□自分の土地について事前に調べよう

皆さんは自分の土地の相場や特徴についてご存知ですか。
自分の土地について事前に調べておくことで、会社の方と交渉する際に、こちらからも理にかなった交渉が可能になるでしょう。

もちろん、会社の方も根拠や理由を持って条件を提示しているため、事前準備をしたからといっていつも交渉がうまくいく訳ではありません。
しかし、ある程度の相場や価値について把握しておくことは、会社とお客様どちらもが納得できる買取を行ううえで重要だと言えますよ。

具体的なものとしては、土地の売却価格の相場や災害の被害についてのデータが役に立つでしょう。
ただし、不動産買取では仲介と比較して6〜7割程度の買取価格になるため、こういった事情も把握しておいてください。

□まとめ

今回は、土地を不動産会社に買い取ってもらう際のポイントについて紹介しました。
買取を依頼する際はその土地についてしっかり調べておくことがおすすめですよ。

 

土地を不動産買取をしたい方へ!専門家が解説します!

「土地は不動産買取できるの」
「土地を買い取ってもらう際のポイントを知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
土地を不動産買取に出す際に知っておきたいポイントについて紹介します。

□土地を不動産買取に出す際のポイントとは?

土地の買取を依頼する際は、ここで紹介するポイントを心がけてみましょう。
まず、買取実績についてチェックしてください。

不動産買取のメリットのひとつである「素早い現金化」を叶えるためには、スムーズな手続きも大切な要素ですよね。
実は不動産会社にはそれぞれ得意な分野と不得意な分野があるため、買取が得意な不動産会社に依頼することが大切です。

不動産会社の得意分野を把握するためには、実際の買取実績をチェックしましょう。
お客様がお持ちの物件に近い条件の物件の買取実績がある会社なら、安心して買取を依頼できますよ。

次に、担当者との相性が良い会社を選ぶようにすることが挙げられます。
不動産会社の方は不動産のプロフェッショナルです。
しかし、不動産を実際に売却するお客様のほとんどが売却に関する専門知識を持っていないでしょう。

そのため、担当になるスタッフに知識面でサポートしてもらう必要がありますよね。
コミュニケーションや手続きの際には、相手との相性が大切であるため、スタッフの知識量やお互いの相性についても検討する必要があるでしょう。

交渉や契約を進めるうえでどうしても不具合がある場合は、スタッフを変えてもらうように頼んでも良いですね。

□自分の土地について事前に調べよう

皆さんは自分の土地の相場や特徴についてご存知ですか。
自分の土地について事前に調べておくことで、会社の方と交渉する際に、こちらからも理にかなった交渉が可能になるでしょう。

もちろん、会社の方も根拠や理由を持って条件を提示しているため、事前準備をしたからといっていつも交渉がうまくいく訳ではありません。
しかし、ある程度の相場や価値について把握しておくことは、会社とお客様どちらもが納得できる買取を行ううえで重要だと言えますよ。

具体的なものとしては、土地の売却価格の相場や災害の被害についてのデータが役に立つでしょう。
ただし、不動産買取では仲介と比較して6〜7割程度の買取価格になるため、こういった事情も把握しておいてください。

□まとめ

今回は、土地を不動産会社に買い取ってもらう際のポイントについて紹介しました。
買取を依頼する際はその土地についてしっかり調べておくことがおすすめですよ。

 

不動産買取で空き家を売却したい方に向けてプロが解説します!

不動産買取をお考えの方はいらっしゃいませんか。
買取を依頼したいけど、物件が空き家であるため迷っている方も多いと思います。
今回は空き家の不動産買取について紹介します。

□空き家は不動産買取は可能?

この記事を読まれている方の中には、空き家の処分について考えている方も多いと思います。
実は、現在全国で空き家が増え続けており、社会問題としても知られるようになっています。

総務省が2008年に発表したデータによると、全国の空き家の数は1963年には52万戸でしたが、2008年には757万戸に増加していることが判明しました。
この50年ほどで空き家の数は15倍も増加していることがご理解いただけると思います。

このような事態の背景としては新築住宅の供給過多や、相続時の事情などの様々な原因があるでしょう。
この記事を読まれている方の中にも、このような事情をお持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか。
空き家をお持ちの方の中には現在空き家になっていたり、老朽化した空き家を持っていたりする方もいらっしゃるでしょう。

実は不動産買取では、現在空き家になっている物件や訳あり物件についても、基本的に買取が可能です。
訳あり物件の具体的な例としては、台風や突風などの災害によって、浸水や破損が見られる物件や、住めないほどに老朽化している物件、また自殺や孤独死などのトラブルがあった物件などが挙げられるでしょう。

ちなみに、こういった物件に関する特別な事情に関しては、売り主に告知義務があります。
隠したり嘘をついたりせず、正直に事情を話して、会社の方に相談に乗ってもらいましょう。
内容によっては、建物を取り壊して土地として売却することを案内される場合もあるでしょう。

□不動産買取では手数料がかからない!

不動産会社に買取を依頼する場合は、買主が不動産会社であるため、仲介手数料は発生しません。

仲介手数料は不動産会社を通して一般の方に不動産を販売する際に発生します。
このような場合は不動産会社は間に入って売買契約をサポートするため、仲介手数料を支払う必要があるでしょう。

不動産会社は、基本的に不動産を買取した後、その物件をリノベーションしたり、リフォームしたりして価値を高めて売却します。
このように、不動産買取された物件はプロが不動産活用を行なっていくと言えるでしょう。

□まとめ

今回は、不動産買取を検討する方に向けて、空き家の買取について紹介しました。
昨今では、空き家は社会問題になる程に増加しています。
岡山で空き家の不動産買取をお考えの方は当社までご相談ください。

 

 

岡山県にお住まいの方必見!不動産買取の費用はどのくらい?

不動産買取を検討している方はいらっしゃいませんか。
買取の費用を知って、きちんと計画を立ててから売却したいですよね。
そこで今回は、岡山県にお住まいの方に向けて、不動産買取の費用を解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

□不動産買取でかかる費用とは

はじめに、不動産買取にかかる費用の1つである、税金について説明します。
買取費用の税金には、印紙税、抵当権抹消登記の免許税・司法書士費用、譲渡所得税があります。

まず印紙税とは、売買契約書に貼る収入印紙の費用です。
契約金額によって、印紙税の額は変わるので注意してください。
ちなみに、売買契約書は売主と買主の保管用で2通作成されますが、印紙代の負担はそれぞれが行うので、1通分だけを用意すれば良いです。

また、不動産を売却する際には、「所有権移転登記」が必要ですが、登記費用は買主が負担するので、売主が支払う必要はありません。
ただ、売却する物件に住宅ローンが残っていた場合は、抵当権抹消登記の費用がかかります。
登録免許税の他にも司法書士費用がかかり、2万円から3万円程度となっています。

譲渡所得税とは、不動産を売却したとき利益が出ると発生する税金です。
具体的には、収入金額から不動産の取得費用と売却費用を引いたものを譲渡所得といい、これにかかる税金のことを指します。

不動産買取のときには、このような費用がかかってきます。

□費用を抑える方法とは

ここからは、費用を抑える方法を説明します。
ポイントは2つあります。

1つ目は、各自治体の補助金を利用することです。
自治体によっては、一定の条件を満たすと補助金を出してくれるところがあります。
各自治体によって、支給される補助金の額や条件は異なります。
そのため、気になる方は売却したい不動産がある地域の役所に問い合わせてみましょう。

2つ目は、ハウスクリーニング費用を抑えることです。
ハウスクリーニングの費用は同時に依頼することで、費用を安くする交渉を行うと良いでしょう。
住み替えをして次に住むおうちが中古物件なら、多くの方が新居にもハウスクリーニングを利用します。

そこで、売却時と購入時の物件を、いずれも同じ業者に依頼をして、安くしてもらえないか頼むようにしましょう。
ただし、最初から交渉するのではなく、見積もり後に相談することが重要です。

2つのポイントを参考にして、費用を抑えるようにしましょう。

□まとめ

今回は、岡山県にお住まいの方に向けて、不動産買取の費用を解説しました。
何に費用がかかるのか理解できたと思います。
費用を抑えるポイントを意識して売却するようにしましょう。
不動産の買取を行ってもらう場合、今回の記事を参考にしてください。

 

 

岡山県にお住まいの方へ!不動産買取の流れを説明します!

不動産買取の流れについて、知りたい方はいらっしゃいませんか。
買取の流れを知って、不動産をスムーズに買い取ってもらいたいですよね。
そこで今回は、岡山県の不動産会社が不動産買取の流れを紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□不動産買取の流れとは

不動産買取の流れを見ていきましょう。
6つのステップがあります。

1つ目は、不動産会社を選ぶことです。
インターネットでの査定の依頼と、近くの不動産会社に直接依頼しての査定が可能です。
会社選びはとても重要なので、慎重に選ぶようにしましょう。

2つ目は、対象不動産の調査と買取金額の査定です。
不動産会社を決めてから、査定してもらうまでに、準備しておいた方が良いことがあります。
それは、対象不動産の売却時の相場を調べることです。
売却相場を知って、妥当な金額で売却できているか判断しましょう。

3つ目は、買取金額を決定することです。
提示された買取価格に納得したら、そのまま契約を進めましょう。

4つ目は、物件引き渡し条件を確認することです。
ここでは、売却までのスケジュールや用意する書類の確認など、細かなところまで打ち合わせをしていきます。

5つ目は、売買契約書の締結をすることです。
物件引き渡し条件の確認ができたら、お互いに合意した買取価格での売買契約を締結しましょう。

6つ目は、入金と引き渡しをすることです。
売買代金の残金の引き渡しを行いましょう。

以上が不動産買取の流れです。

□注意するポイントとは

ここからは、不動産買取のときに注意するポイントを2つ見ていきましょう。

1つ目は、所有者が複数の場合、売却前に準備や話し合いをすることです。
物件の共同所有者がいる場合には、売却前に条件などを話し合っておかないと、トラブルが起こる可能性があります。
また、共同所有者が行方不明の場合などはそのままでは売れないので、司法書士、または弁護士に相談してください。

2つ目は、リフォーム済み物件の取り扱いが多い不動産会社を選ぶことです。
リフォーム済み物件とは、どこかで買い上げられた不動産をリフォームし、再度販売されたものです。
このような物件を取り扱っているということは、買取の実績が多いという指標になるので知っておきましょう。

□まとめ

今回は、不動産買取の流れを紹介しました。
紹介した注意点を参考にして、不動産買取を行いましょう。
当社では不動産買取を行っています。
お困りのことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。